産経ニュース for mobile

「日本文化に自信を」 前橋で津川雅彦氏が講演

記事詳細

「日本文化に自信を」 前橋で津川雅彦氏が講演

更新

 群馬経済同友会の招きで前橋市を訪れた俳優で映画監督の津川雅彦氏(77)が2日、「日本の文化・日本人の誇り」と題し、講演した。

<< 下に続く >>

 津川氏は、日本の伝統について歌舞伎界の世襲制に触れ、「(伝統が)続くということは誇り。そこで『相手のために』という美意識が生まれる」と指摘。「最近の若者は何でも新しい物に飛びつくが、新しいことは伝統を破棄することでもある」と話した。

 また、6年前の東日本大震災の際、東北の人たちの助け合い精神に感銘を受けた津川氏は、「なぜその精神が生まれたのか」と勉強会を重ねたという。そこから、日本人の自然崇拝の文化に着眼し、「自然は災害もあれば美しい景色も見られる。日本人は両方受け入れてきた。縄文時代から約1万6500年続く文化だ」とし、「自信を持って世界の人に日本の文化を発信していってほしい」などと呼びかけた。

 講演会は同友会を広く理解してもらう目的で平成16年から始まり、今回で14回目。

プッシュ通知