産経ニュース for mobile

【フード 食・歳時記】水無月 1年の折り返しに無病息災祈願

記事詳細

水無月 1年の折り返しに無病息災祈願

フード 食・歳時記更新

 1年の折り返しに当たる6月30日には、各地の神社で「夏越(なごし)の祓(はらえ)」の神事が行われる。和菓子「水無月(みなづき)」は、この日に合わせて京都市内を中心に食べられてきた。氷片をかたどった三角形のお菓子は、夏の厄よけとされ、京都のゆかしい行事食として定着している。(平沢裕子)

<< 下に続く >>

京都の年中行事

 水無月は、小麦粉や上新粉などで作った餅の上面に蜜漬けの小豆を散らして蒸し、三角形に切った和菓子。全国和菓子協会専務理事の藪光生さんは「6月みそか(30日)に水無月を食べると夏負けを防ぐといわれ、水無月を食べるのは京都の年中行事の一つになっています」と説明する。

 6月みそかは、12月末日の大みそかと並ぶ大はらいの日で、夏越の祓とも呼ばれる。千年以上前の平安時代からある伝統行事で、1年の半分が過ぎた日ということで、半年分の罪やけがれをはらい、残り半年を無事に過ごせますようにと願う風習。茅(かや)草で作った輪をくぐる「茅(ち)の輪くぐり」をして厄をはらう。

 京都が本店の和菓子店、仙太郎は「季節のお菓子ということで、毎年水無月を食べるのを楽しみにしているお客さんが多い」と話す。

氷に見立てる

 老舗和菓子店「とらや」を展開する虎屋の京都管理部文化事業課長、浅田ひろみさんは、水無月についてさまざまな文献を調べた。浅田さんによると、6月30日に厄払いのために蒸し餅を食べる習慣は、遅くとも室町時代にはあった。当時、食されていたのは小麦で作った餅だが、現在のような三角形となったのは江戸時代とみられる。

 三角形は氷片をかたどったもので、旧暦の6月1日の「氷の節句」にちなんだとされる。氷の節句は、江戸の加賀藩邸の氷室(天然の氷を蓄えておくための穴)の氷を徳川将軍に献上する習わしで、夏に氷を食べて風流を楽しむ雅(みやび)な娯楽でもあった。これが、庶民の間では氷の代わりに「寒ざらしの餅(氷餅、しみ餅)」を食べる行事となった。また、三角形で氷を表した生菓子を氷室と呼んだ。

 夏越の祓と氷の節句は別々の行事だが、和菓子の水無月にはこの2つの要素が含まれる。その理由を浅田さんは「2つを結びつけたのは、実はお菓子屋さんなんです」と指摘する。

 かつては水無月餅として、ねじった棒状や丸、三角などさまざまな形があった。しかし、今は三角形だけ。それはなぜか。昭和43年出版の「日本の菓子」には、次のような記述がある。

 〈お菓子の「水無月」は、生菓子の「氷室」より考案されたもので、加茂の水無月祓の神事にこじつけて、京都では、毎年6月30日に暑気払いのおまじないとして市民が頂くように、菓子屋の知恵で創られました〉