産経ニュース for mobile

【あんしん!ペットライフ(140)】なぜ猫は「すりすり」してくるか? その理由を徹底解説!

記事詳細

なぜ猫は「すりすり」してくるか? その理由を徹底解説!

あんしん!ペットライフ(140)更新

 足元に寄ってきた猫が体をすり寄せてきて、「なかなか前に進めない…」と困ったことがある人も多いのではないでしょうか。この猫のかわいらしい行動には、実はいろいろな意味があるのです。

 猫は、おでこを押し付けて頭突きをしてきたり、頬や尻尾をすりすりと押し付けてきます。猫がこすりつけるこれらの部位には「臭腺」という分泌腺があり、フェロモンを分泌しています。

 例えば、猫の頬から分泌される「フェイシャルフェロモン」は、安らぎのフェロモンといわれており、精神的に落ち着いたときに出るようです。人や猫が、親密になったことを示すマーキングのような役割もあります。ただ、フェロモンは同じ種類の動物しか感じ取ることができないので、私たち人間には分かりません。猫同士がフェロモンを感じ取ると、恍惚(こうこつ)の表情を浮かべます。

 猫がこのようなすりつけ行動を行うのは、2つの理由があると考えられています。一つは、「親愛を示すため」です。猫同士はあいさつをするときに互いの体をこすり合います。もう一つは、「自分のものだ」という所有権を示すためとされています。飼い主だけでなく、家具や衣服などにもにおいをつけ、自分のテリトリーにあることを主張しているのです。

 洗剤を変えると、知らないにおいに戸惑った猫が、一生懸命においをつけようとすることがあります。飼い主が外出先でさまざまなにおいをつけて帰ってくると、必死に体をすりつけて、自分のにおいと置き換えようとしているのです。これも猫から愛されている証拠です。気が済むまで、させてあげてくださいね。(アニコム損保 獣医師・小田枝里奈)