産経ニュース for mobile

【マンスリー将棋】記録係不足…大学部員を起用

記事詳細

記録係不足…大学部員を起用

マンスリー将棋更新

 「まずは今日使う駒を磨き、対局者がみえたらお茶を出してください」「脇息(きょうそく)、駒台の向きが逆です」…

 8日朝、東京・千駄ケ谷の将棋会館4階の対局室「飛燕・銀沙」で、初めて記録係を務める早稲田大2年、寺尾侑也さん(20)に、隣の記録係を務める奨励会員や無事なデビューを見守る手合課職員から声が飛んだ。

 公式戦対局の記録係に、今月から本格的に大学の将棋部員が起用されたのだ。当面、持ち時間各2時間程度という短時間の女流将棋が対象。

 記録係はプロ棋士の卵である奨励会員が担当しているが、近年、とくに東京で慢性的な人手不足に陥っていた。背景は「奨励会員の低年齢化と進学率の上昇」(日本将棋連盟事務局)。

 関東奨励会には6級から三段まで、11歳から25歳まで総勢80人を超える、主に10代の少年少女が修業している。ほとんどは中学、高校生で、卒業しても最近は大学に進む者が多くなって記録の席に座れないのが実情。

 そこで連盟は“妙手”はないものかと長考し、大学将棋部員に目をつけた。もともと、プロ棋士のなかには丸山忠久九段や広瀬章人七段、奨励会幹事でもある北浜健介七段ら早大卒が多い。さらに法政大や立教大の将棋部からも希望者を募って寺尾さんら8人が決まった。寺尾さんのデビュー戦は「まずまず」(手合課)。大学将棋部員の起用は確かに“妙手”だろうが、彼らも卒業すれば補充を迫られることになり、“千日手”の流れにも見えてくる。(藤田昌俊)