産経ニュース for mobile

「ドラクエ11」29日発売、30年の「集大成」 プレステ・3DS向け同時発売で業界は活性化期待 

記事詳細

「ドラクエ11」29日発売、30年の「集大成」 プレステ・3DS向け同時発売で業界は活性化期待 

更新
プレイステーション4向けゲーム「ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて」の画面 1/1枚

 スクウェア・エニックスは、ゲームソフト「ドラゴンクエスト(ドラクエ)」シリーズの最新作を29日に発売する。シリーズ第1作発売から30年たっても人気が衰えない国民的ゲームソフトの11作目で、これまでの集大成という位置づけだ。今回は据え置き型と携帯型の異なる機種向けに同時発売されることもあり、ゲーム業界の活性化にも期待が高まる。(高橋寛次)

<< 下に続く >>

 発売されるのは「ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて」。16歳の誕生日に勇者の生まれ変わりであることを知った主人公が、冒険に旅立つストーリーだ。今回は、ソニーの据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」と任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けの2種類を発売する。ゲームソフトは開発にコストがかかるため、性能が全く違う機種向けに同時発売するのは異例。

 テレビと接続して遊ぶPS4では、高精細な画像が特徴だ。上下2つの画面がある3DSでは、立体的な画像とシリーズ初期に近い平面的な画像を表示し、途中から好きな方を選んで遊ぶことができるという。

 開発に携わってきたゲームデザイナーの堀井雄二氏は基本姿勢について「説明書を読まなくても遊べる『わかりやすさ』にこだわってきた」と強調する。第11作でも「こうげき」「じゅもん」といった主人公の行動を決める選択肢の表示は従来通り平仮名。現在のゲーム機の性能では漢字での表示も容易だが、「直感的にわかるように」(堀井氏)というこだわりからだ。

 ゲームソフトは、一般的に100万本でヒットといわれるが、スクウェア・エニックスは「400万本は売りたい」(三宅有執行役員)と期待する。400万本はシリーズ3作目以降、毎回達成している水準で、大きく上回るというのが業界の見立てだ。

 PS4を販売するソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の盛田厚取締役は、「幅広い世代に人気で、親子が一緒に楽しめるゲーム。『ドラクエをやるために買う』と、ゲーム機の普及にもつながると期待している」と話している。

■ドラゴンクエスト

 「ドラクエ」の略称で親しまれているロールプレーイングゲーム。主人公がモンスターと戦いながら成長し、平和を取り戻すストーリー。昭和61年に第1作が発売され、シリーズ10作品と派生作品の累計販売本数は7100万本以上。シナリオをゲームデザイナーの堀井雄二氏、キャラクターデザインを漫画家の鳥山明氏、音楽を作曲家のすぎやまこういち氏が担当している。