産経ニュース for mobile

テレ朝が渡辺麻友主演のドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」のタイトル変更 局部切断を連想と秋田県が抗議

記事詳細

テレ朝が渡辺麻友主演のドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」のタイトル変更 局部切断を連想と秋田県が抗議

更新
AKB48の渡辺麻友さん 1/6枚

 テレビ朝日がアイドルグループ「AKB48」の渡辺麻友さんを主演に4月から放送する連続ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」(日曜深夜0時40分)のタイトルが男性の局部切断の意味で使われていたため、秋田県の抗議を受けてテレビ朝日がタイトルの変更を決めたことが分かった。

<< 下に続く >>

 ドラマの企画・原作は秋元康氏で、概要は今月初旬にテレビ朝日のホームページで発表された。渡辺さん演じる「桐山さおり」が自分を裏切った男性の局部を切断するなどして成敗するというストーリーと説明され、昭和11年に女が交際中の男性を殺害し局部を切断した阿部定(あべさだ)事件に言及していた。

 タイトル中の「きりたんぽ」は秋田を代表する郷土料理とは全く関係なく、「きり」を「切り」、「たんぽ」を男性器と取らせるネーミングとみられる。渡辺さんは「私が平成の阿部定?! いままで演じたことのない役柄です! 私自身も大きな挑戦となります」とコメントしていた。

 県庁や、きりたんぽ発祥の地・鹿角市、本場の大館市、北秋田市の市役所に「下品で不快」などの声が多く寄せられたという。

 県観光戦略課あきたびじょん室は「郷土料理のイメージダウンにつながる」などとして7日、口頭でテレビ朝日に抗議し、同日中に「タイトルを変更する」との回答があったという。ホームページでは8日現在「連続ドラマ タイトル未定」となっており、「阿部定」などの文言は削除されている。

 あきたびじょん室の成田光明室長は「番組でタイトルを使わないとともに、きりたんぽを一切、登場させないよう申し入れた。最終的な内容を確認したい」と話している。

 テレビ朝日広報部は「県民の皆さまにおわびする。県の要請通りに対応したい」としている。

 きりたんぽをめぐっては平成20年、秋田市の土産物企画販売会社がきりたんぽを模したマスコット「秋田名物きりちんぽ」の携帯ストラップなどを発売しようとしたところ、批判が相次ぎ中止になる出来事があった。

【用語解説】阿部定事件

 料理店の男性店主と駆け落ちした仲居の阿部定=当時(31)=が昭和11年5月18日、現在の東京都荒川区尾久の待合旅館で性交中に男性の首を腰ひもで絞めて殺害し、局部を切り取って持ち歩いた猟奇的殺人事件。阿部は2日後に逮捕され、懲役6年の判決を受けて服役。16年に恩赦で出所し、46年に失踪したまま生死は不明。

プッシュ通知

写真ギャラリー

  • 連続ドラマのタイトル「サヨナラ、きりたんぽ」(上)がタイトル未定に変更されたテレビ朝日のホームページ
  • いろりを囲んできりたんぽを作る料亭の女将や仲居=昨年9月、秋田市大町(渡辺浩撮影)
  • いろりを囲んできりたんぽを作る料亭の女将や仲居=平成26年9月、秋田市大町(渡辺浩撮影)
  • いろりを囲んできりたんぽを作る料亭の仲居たち=平成26年9月、秋田市大町(渡辺浩撮影)
  • 秋田県の抗議を受けてドラマのタイトル変更を決めたテレビ朝日の本社=東京・六本木(斎藤浩一撮影)