産経ニュース for mobile

【ステージ 芸】牧阿佐美バレエ団創立60周年 プティの傑作、新制作「飛鳥」…節目飾る

記事詳細

牧阿佐美バレエ団創立60周年 プティの傑作、新制作「飛鳥」…節目飾る

ステージ 芸更新

 牧阿佐美バレエ団が創立60周年を記念し、相次いで代表作を上演する。6月は縁の深かった仏振付家、ローラン・プティの「ノートルダム・ド・パリ」、8月は奈良を舞台にしたオリジナル作品「飛鳥」を新たに制作し、初演する。日本バレエ界のレベル向上に生涯をささげてきた牧は「60周年を迎えるとは想像していなかった。日本と海外の、牧らしい作品で節目を迎えたい」と話す。(飯塚友子)

<< 下に続く >>

                   

 牧は日本バレエ界の草分け、橘秋子(1907~71年)の長女に生まれ、ダンサーとして活躍。米国留学後の昭和31年、母とともに牧阿佐美バレエ団を設立し、数多くの作品に主演した。母の没後は橘バレエ学校長としても多くの舞踊家を育成。新国立劇場の芸術監督(舞踊部門)も長年務めた。

 「民間のバレエ団ですから解散の危機も何度かあった。でも、自分の名前を冠したことで責任が生まれ、頑張るうちにここまで来られたと思います」

 昨年から始まった60周年記念シリーズは、これまで「眠れる森の美女」「ジゼル」などの古典と、「牧神の午後」などコンテンポラリー作品を上演してきた。今年は同バレエ団ならではの目玉として、平成10年に日本初演した“ダンスの魔術師”といわれるプティの「ノートルダム-」を4年ぶりに再演。ニコレッタ・マンニら伊ミラノ・スカラ座バレエ団のダンサーをゲストに迎え、同団の菊地研がカジモドで主演する。

 「ごらんになれば、プティは天才とご理解できるはず。イヴ・サン=ローランの衣装も鮮やか。プティさんとは何度もご一緒に仕事をし、日本では牧バレエ団だけが上演を許された舞台なので、やりたかった」

 8月には、牧の母が日本オリジナルの全幕バレエを目指し、昭和32年に「飛鳥物語」(橘秋子台本、原振り付け)として初演した作品を30年ぶりに新制作する。いにしえの奈良を舞台にした、竜神に愛された乙女の物語だ。

  • 1
  • 2