産経ニュース for mobile

【東レのデータ改竄】経団連にも動揺広がる 榊原定征会長が「製造業への信頼」に懸念示したばかり

記事詳細

経団連にも動揺広がる 榊原定征会長が「製造業への信頼」に懸念示したばかり

東レのデータ改竄更新

 経団連の榊原定征会長は東レ出身で社長、会長を歴任した。在任中にもグループ会社が製品の検査データを改ざんしており、経団連内にも28日、「想定外の展開」(幹部)と動揺が広がった。

<< 下に続く >>

 榊原氏は27日の記者会見で、神戸製鋼所や三菱マテリアルなどで不祥事が相次いでいることに「日本の製造業全体の信頼が揺らぎかねない」と強い懸念を示していた。その翌日に出身企業でもデータ改ざんが発覚。経団連幹部は「榊原会長は経団連の業務に専念しており、東レの状況を知らなかったようだ」と説明する。

 経団連は一連の問題を受けて会員企業に法令順守の徹底を呼び掛けてきただけに、ばつの悪さが残る事態となった。