産経ニュース for mobile

7~9月期年金運用、黒字4・4兆円 株高が貢献、資産総額は最高に

記事詳細

7~9月期年金運用、黒字4・4兆円 株高が貢献、資産総額は最高に

更新

 厚生年金と国民年金の積立金を市場運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が2日発表した今年7~9月期の運用実績は4兆4517億円の黒字だった。黒字は5四半期連続で、運用実績を示す収益率は2・97%。世界的な株価上昇を背景に国内外の株式運用が堅調だった。9月末時点の資産総額は156兆8177億円となり、平成13年の自主運用開始以降、過去最高額となった。

<< 下に続く >>

 GPIFの運用実績について菅義偉官房長官は2日の記者会見で「これまでの収益率は、政府として見込んだ数字を大きく上回っている。年金財政の安定に大きく寄与する成果だ」と評価した。

 7~9月期の運用別の収益は、国内株式が1兆7959億円の黒字、外国株式が2兆349億円の黒字だった。期末の日経平均株価が2万円台に上昇し、米ダウ工業株30種平均も2万2000ドルを突破するなど、内外株の上昇が貢献した。

 国内債券は748億円の黒字、外国債券も5399億円の黒字だった。

 GPIFの高橋則広理事長は同日発表した声明で「良好な市場環境が続いた」とコメントした。

 GPIFは26年10月に資産構成割合の目安を変え、国内株式と外国株式の割合をそれぞれ、それまでの12%から25%に引き上げた。150兆円超の運用資金を持つGPIFの投資判断が株式市場に与えた影響は大きく、アベノミクスの株高を演出した要因の一つだとも指摘されている。