産経ニュース for mobile

自賠責保険料、4月契約分から値下げ 事故減少で平均7%安の見通し、金融庁

記事詳細

自賠責保険料、4月契約分から値下げ 事故減少で平均7%安の見通し、金融庁

更新

 金融庁は12日、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険料を検討する審議会を開き、交通事故が減少していることを背景に保険金の支払いが減り、収支の改善が見込まれるとして、4月の契約分から保険料を値下げする方針を決定した。値下げは9年ぶり。関係者によると、全車種平均で7%程度安くなる見通しだ。

<< 下に続く >>

 今後、損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構が車種ごとの具体的な値下げ幅を算出。19日に開かれる次回の審議会で議論され、新たな保険料を正式に決定する。

 12日の審議会で、同機構が報告した収支見込みの試算によると、2016年度は453億円、17年度は484億円の黒字になるとした。

 同機構の幹部は「死亡事故や負傷事故は減少傾向にあり、今後も減少が続くと見込まれる」と説明した。事故減少には、車の自動ブレーキなど安全技術の普及や、道路の改良などが影響しているとみられる。

プッシュ通知