産経ニュース for mobile

【中国杭州G20】安倍晋三首相、政策総動員を訴え 財政・金融・構造改革の実行、首脳宣言盛り込みへ

記事詳細

安倍晋三首相、政策総動員を訴え 財政・金融・構造改革の実行、首脳宣言盛り込みへ

中国杭州G20更新

 【杭州=田村龍彦】日米欧に新興国を加えた20カ国・地域(G20)首脳会議が4日、中国浙江省の杭州で開幕した。世界経済は英国の欧州連合(EU)離脱や新興国の景気減速などで不透明感を増しており、各国首脳が持続的成長に向けた協調を確認。安倍晋三首相は下方リスクに対応するため、財政・金融政策、構造改革すべての政策手段を活用する必要性を訴えた。5日の首脳宣言に盛り込まれる見通しだ。

<< 下に続く >>

 中国がG20首脳会議の議長国となるのは初めて。習近平国家主席は開幕式で「(世界経済の)発展モデルを刷新し、新たな成長の原動力を発掘すべきだ」と呼びかけた。

 日本からは安倍首相と麻生太郎財務相が出席。安倍首相は世界経済をテーマにした最初の会議で、世界経済について「下方リスクは高まっている」と指摘した。その上で「先進国と新興国が一致結束して世界経済を成長軌道に戻していかなくてはならない」と述べた。自国経済を優先する保護主義に対抗するため、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の早期承認の必要も訴えた。

 首相同行筋によると、首脳宣言には中国を念頭に、鉄鋼などの過剰生産問題が世界経済にマイナスの影響を与えることや、解決に向けて生産国の情報を各国が共有することなども盛り込まれる見通しだ。

 会議では、英国のEU離脱の影響なども議論。テロ・課税逃れ対策などでも協調を確認する。

プッシュ通知