産経ニュース for mobile

コインチェック、NEM約580億円分が不正に外部送金 仮想通貨の取引を一時停止

記事詳細

コインチェック巨額流出

コインチェック、NEM約580億円分が不正に外部送金 仮想通貨の取引を一時停止

更新
会見冒頭、謝罪するコインチェックの和田晃一良社長(手前)と大塚雄介COO(中央)=26日深夜、東京都中央区(佐藤徳昭撮影) 1/6枚

 仮想通貨取引所の運営大手コインチェック(東京都渋谷区)は26日、取り扱う仮想通貨の一種「NEM(ネム)」が日本円で約580億円相当、取引所から不正に外部へ送金されたと発表した。ハッキングの疑いもあるという。同社は仮想通貨の入金や出金、売買といった取引サービスを一時停止。仮想通貨が消失した理由を調べており、金融庁や警視庁に報告した。

<< 下に続く >>

 不正による仮想通貨取引所の損失額は、約480億円だった平成26年のマウントゴックス(東京)を超え、最大規模となる。

 コインチェックの和田晃一良(こういちろう)社長と大塚雄介取締役らは同日深夜に東京都内で記者会見。冒頭、和田氏は「皆さまをお騒がせしていることを深くおわび申し上げます」と陳謝した。不正送金された仮想通貨はすべて顧客分という。補償は「今後、検討する」との考えを示した。一方、現在停止している入出金などの取引の復旧時期は未定という。

 コインチェックは不正送金を受けて26日正午過ぎ、インターネット上でネムの入金を一時停止すると公表した。その後、ネムの売買と出金に加えて、取り扱うすべての仮想通貨と日本円の出金を一時停止した。

 仮想通貨取引所をめぐっては、テックビューロ(大阪市)が今月上旬、不正出金などにより仮想通貨の出金を一時停止。安定運営を求める声が強まりそうだ。

 国内では昨年、改正資金決済法が施行され、現金と交換する取引所に登録制が導入された。コインチェックは関東財務局に登録を申請中で審査が続いていた。

写真ギャラリー

  • 会見に臨むコインチェックの和田晃一良社長(手前)と大塚雄介COO=26日深夜、東京都中央区(佐藤徳昭撮影)
  • 会見するコインチェックの和田晃一良社長(左)と大塚雄介COO=26日午後、東京都中央区(佐藤徳昭撮影)
  • 会見するコインチェックの和田晃一良社長=26日午後、東京都中央区(佐藤徳昭撮影)
  • 会見冒頭、謝罪するコインチェックの和田晃一良社長(手前)と大塚雄介COO(中央)=26日深夜、東京都中央区(佐藤徳昭撮影)
  • 仮想通貨取引所の運営大手コインチェックの本社が入るビルに集まった利用者ら=26日午後、東京都渋谷区