産経ニュース for mobile

次女を絞殺、殺人容疑で74歳父親逮捕 「娘の将来を悲観した」 東京都練馬区

記事詳細

次女を絞殺、殺人容疑で74歳父親逮捕 「娘の将来を悲観した」 東京都練馬区

更新

 同居する次女の首を絞めて殺害したとして、警視庁練馬署は15日、殺人の疑いで、東京都練馬区豊玉中の無職、増田幸平容疑者(74)を逮捕した。調べに対し増田容疑者は「娘の将来を悲観して殺した」と容疑を認めているという。

<< 下に続く >>

 逮捕容疑は15日午前8時~9時45分ごろ、自宅の都営アパート一室で、次女の絵美子さん(37)の首を薄手のマフラーで絞めて殺害したとしている。

 練馬署によると、増田容疑者は午前9時15分ごろに同署に出頭し「今朝、自宅で次女の首をマフラーで絞めて殺した」と自首。署員がアパートに駆けつけたところ、倒れている絵美子さんを発見した。絵美子さんは病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

 増田容疑者は妻(67)と絵美子さんの3人暮らし。絵美子さんは昨年12月以降、複数回にわたり、職場の人間関係や知人との金銭トラブルについて同署に相談していたという。