産経ニュース for mobile

民家にアライグマ? 埼玉・草加市内

記事詳細

民家にアライグマ? 埼玉・草加市内

更新

 埼玉県警草加署は9日、草加市内の民家で、アライグマとみられる小動物が目撃されたと発表した。かまれるなどの被害を受ける可能性があるとして、同署で注意を呼びかけている。

<< 下に続く >>

 同署によると、8日午後6時ごろ、同市青柳の男性(72)から「2階のベランダにアライグマのような動物がいる」と110番通報があった。同署員が駆けつけたときにはすでに姿がなかった。男性宅近くにある木の枝を伝ってベランダへ侵入したとみられるという。

 同署によると、アライグマは、輸入や飼育が禁止されている特定外来生物。同署は「アライグマは珍しいが、危害を加える可能性があるので見つけたら近づかず、警察に通報してほしい」としている。