産経ニュース for mobile

白タク容疑で韓国籍男逮捕 東京、売り上げ月30万円

記事詳細

白タク容疑で韓国籍男逮捕 東京、売り上げ月30万円

更新

 東京都内で無許可のタクシー営業をする白タク行為をしたとして、警視庁交通捜査課は5日、道路運送法違反の疑いで、韓国籍の個人投資家、朴昶柱容疑者(49)=東京都港区赤坂=を逮捕したと発表した。逮捕は4日。

<< 下に続く >>

 同課によると、客は赤坂や歌舞伎町の飲食店で働く韓国人らが中心で、赤坂-歌舞伎町間は1千円、歌舞伎町-羽田空港間は7千円の料金で営業。3~4年前から月約30万円を売り上げていた。

 朴容疑者は「家族と米国に移住するためにお金が必要だった」と容疑を認めている。以前同居していた韓国人の男から客を引き継ぎ、携帯電話で予約を受けて都内のタクシー料金よりも安い価格で乗せていた。交通捜査課が11月に同法違反容疑で逮捕した韓寿栄容疑者(37)に白タク行為を指南していた。

 逮捕容疑は、韓容疑者と共謀し、4月8日に港区赤坂3丁目から新宿区若葉3丁目まで、有償で客を運んだとしている。

 交通捜査課は、交通違反などで昨年11月に免許取り消し処分を受けた以降も運転を続けたとして、道交法違反容疑(無免許運転)で朴容疑者を今年11月に逮捕していた。