産経ニュース for mobile

給油で降車か、車外の男性はねられ死亡 中央道

記事詳細

給油で降車か、車外の男性はねられ死亡 中央道

更新

 28日午前6時10分ごろ、岐阜県多治見市美山町の中央自動車道下り線の走行車線で、車外に出て立っていた長野県飯島町の電子部品製造会社社長、米山達夫さん(76)が大型トラックにはねられ、全身を強く打ち間もなく死亡した。付近の路肩に米山さんの乗用車が停止しており、岐阜県警は給油のため車を降りていた可能性があるとみている。

<< 下に続く >>

 県警は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、トラックを運転していた新潟県長岡市来迎寺の運転手、小川勉容疑者(39)を現行犯逮捕。過失致死容疑に切り替えて調べている。

 県警によると、米山さんは片側3車線の一番左側の走行車線で立っていてはねられた。乗用車の右側面の給油口が開き、付近にガソリンの入った容器が置いてあった。県警は、車に積んでいたガソリンを給油するために降車した可能性があるとみている。