産経ニュース for mobile

酒気帯び運転で茨城・ひたちなか市の係長を懲戒免職 

記事詳細

酒気帯び運転で茨城・ひたちなか市の係長を懲戒免職 

更新

 茨城県ひたちなか市は30日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕された同市区画整理事業所係長の鈴木洋一容疑者(45)を懲戒免職処分とした。また監督責任を問い、上司3人を厳重注意とした。

<< 下に続く >>

 同市などによると、鈴木容疑者は26日午後6時ごろから、同僚らと居酒屋で飲酒した後に車を運転し、同8時55分ごろ、同市元町の市道を歩いていた男性3人をはね、軽傷を負わせて逃走。約10分後に同容疑で現行犯逮捕された。