産経ニュース for mobile

232人が追加提訴 ゴルフソフト購入で債務

記事詳細

232人が追加提訴 ゴルフソフト購入で債務

更新

 東京のスポーツ関連会社「ゴルフスタジアム(GS)」からゴルフ練習用ソフトを1本数百万円で購入し、債務を抱えたレッスンプロら232人が6日、代金を立て替えた信販大手「ジャックス」を相手に、計約8億円の債務不存在の確認を求めて東京地裁に追加提訴した。5月の1次提訴と合わせ、原告は250人になった。弁護団によると、2次提訴の原告の債務は、1人当たり300万~900万円。ソフト自体は1本数千円の価値しかないとしている。さらに100人以上が、ジャックスなどの信販会社を相手に3次提訴を起こす予定という。