産経ニュース for mobile

【埼玉3歳女児死亡】「犬みたいにつないじゃえばいいじゃん」 残酷な虐待行為、LINEでやりとり 罪なすりつけ合う元内縁の夫婦 地裁初公判

記事詳細

「犬みたいにつないじゃえばいいじゃん」 残酷な虐待行為、LINEでやりとり 罪なすりつけ合う元内縁の夫婦 地裁初公判

埼玉3歳女児死亡更新
藤本彩香被告と長女、大河原優樹被告、羽月ちゃん(右から)=LINEから(一部画像を処理しています) 1/4枚

 埼玉県狭山市のマンションで昨年1月、藤本羽月(はづき)ちゃん=当時(3)=が顔にやけどを負って死亡しているのが見つかった事件で、保護責任者遺棄致死や傷害などの罪に問われた無職、大河原優樹被告(26)の裁判員裁判の初公判が11日、さいたま地裁(高山光明裁判長)で開かれた。大河原被告が内縁の妻だった藤本彩香被告(24)=保護責任者遺棄致死罪などで起訴=とともに、羽月ちゃんの手をネクタイで縛ることを「手」、口に布巾を詰めてテープでふさぐことを「口」、首を鎖につなぐことを「首」と称し、無料通話アプリ「LINE(ライン)」上でやり取りしていた実態が明かされた。

<< 下に続く >>

 ■「風呂場から『ギャー』という声が聞こえた」

 この日行われた証人尋問で、藤本被告は「首」については「私と彼(大河原被告)がやりました」と答えたが、それ以外については「彼がやりました」と答え、実行犯が大河原被告だったと示唆した。

 羽月ちゃんのやけどについても「『ギャー』という声が聞こえて、風呂場に向かったら羽月がやけどしていた」と答え、「やけどを負わせたのは藤本彩香だ」と話した大河原被告の罪状認否の内容と食い違いを見せた。当初、事情聴取では「鍋の湯を誤ってかけた」と話していた藤本被告。その理由について「彼のことが好きだったので守らなければならないと思った」と説明した。

 虐待行為に及んだ動機については、平成27年9月ごろ、羽月ちゃんが大声で泣いたり、冷蔵庫を勝手に開けたりしたことを注意しても直らなかった経緯を説明。「言葉で怒っても聞いてくれなくて彼が羽月の手を縛ったのが始まり」とした。

 ■ネクタイで手を縛られうつぶせに

 藤本被告は、残酷な虐待行為が行われた経緯についても語った。

 「手」については徐々にエスカレートし、ネクタイを用いて背中側で縛るようになった。検察側証拠では、手を縛られた羽月ちゃんが畳の上でうつぶせになっている写真も法廷に提出されている。

 「口」については、羽月ちゃんが泣いたりだだをこねたりするのを「うるさい」と感じていたことから、羽月ちゃんが泣いたり騒いだりした際に行われるようになった。

 「首」については、羽月ちゃんが騒いで眠れなかった夜に藤本被告が「犬みたいにつないじゃえばいいじゃん」と言ったことがきっかけで、大河原被告が鎖などを用意したという。

■ゴミ箱あさる姿をLINEで報告

 11日行われた証拠調べでは、大河原被告と藤本被告のLINEのやりとりで、やけどした羽月ちゃんの画像を送信する際に「はづの顔まぢゃばいw」と送り、大河原被告が「ん?W」と返信するなど「笑」を意味する「w」や「W」を多用していたことも明かされた。

写真ギャラリー

  • 藤本彩香被告
  • 藤本彩香被告(フェイスブックから)
  • 大河原優樹容疑者の車に飾られていた藤本羽月ちゃん(左)と姉のキーホルダー ※一部画像処理しています