産経ニュース for mobile

「辛淑玉氏の抗議行動は言論弾圧」「ニュース女子」出演の沖縄県民らが会見 基地反対派の「暴力動画」に息をのむ会場

記事詳細

「辛淑玉氏の抗議行動は言論弾圧」「ニュース女子」出演の沖縄県民らが会見 基地反対派の「暴力動画」に息をのむ会場

更新

 東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹が司会を務める東京MXテレビ「ニュース女子」の番組内容が虚偽の内容にあたり、自身の名誉を毀損(きそん)されたとして、市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表が放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会に番組内容の審議を申し立てたことについて、沖縄県民として同番組に出た「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員の我那覇真子(がなは・まさこ)さんらが24日、東京都内で会見し、「辛淑玉氏らの行為は言論弾圧だ」と批判した。

<< 下に続く >>

 我那覇さんら沖縄県民3人は、同番組にインタビュー映像で登場。この日の会見で、我那覇さんは「辛氏には公開討論を申し入れたが、回答期限を過ぎても連絡がない」とし、「人権を悪用してMXテレビを弾圧し、人身攻撃をしている」と批判した。

 会見中には、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(64)=器物損壊などの罪で起訴=らが沖縄防衛局職員に暴行する場面、米軍関係者の車を取り囲んで「米軍、死ね」と何度も罵声を浴びせる場面などの動画も流された。

 タレントで弁護士のケント・ギルバート氏は「沖縄に行けばこうした事態はすぐに目につく。なぜメディアは報じないのか」と憤った。

 質疑で朝日新聞の編集委員が「いつ、どこであったことなのか。どうやって入手した動画なのか。それが分からないと記事が書けない」と質問し、出席していた杉田水脈元衆院議員が「朝日は取材したんですか。自分で見てくればいいじゃないですか」と返す場面もあった。

 我那覇さんによると、2月13日付で公開討論の申し入れと公開質問状を送ったが、24日までに回答がなかったという。

 質問状では、(1)反対派活動家が沖縄県東村高江地区で違法で私的な車両検問を行っている(2)同地区で多数の車両を縦横に放置し、地元住民の生活を脅かしている(3)日常的に反対派住民が職務中の防衛局、機動隊、建設作業員らに暴行したり、ヘイトスピーチを行っている(4)立ち入り禁止区域に不法侵入したこと(5)機動隊員が宿泊するホテルで、脅迫などを行っている-とし、これらの事実を討論するよう申し入れていた。

プッシュ通知

写真ギャラリー

  • 「メディアはなぜ基地反対派の横暴を報道しないのか」と憤るケント・ギルバートさん。右は杉田水脈元衆院議員、左は司会の篠原章氏=24日、東京都千代田区(三枝玄太郎撮影)
  • 会見で最前列に陣取った「対レイシスト行動集団」の野間易通氏=24日、東京都千代田区(三枝玄太郎撮影)
  • 基地反対運動住民が米軍関係者が乗った車を囲み「死ね」と叫んでいるとされる動画=24日、東京都千代田区(三枝玄太郎撮影)
  • 会見する我那覇真子さん(中央)。左は杉田水脈・元衆院議員、右は依田啓示さん=24日、東京都千代田区(三枝玄太郎撮影)
  • 高江で活動する基地反対派について語るカナンファーム代表の依田啓示さん。左は我那覇真子さん、右は手登根安則・沖縄教育オンブズマン協会会長=24日、東京都千代田区(三枝玄太郎撮影)