産経ニュース for mobile

【成宮寛貴さん電撃引退】フライデー告発のA氏が「とくダネ!」で激白「わなにかけるつもりなかった。薬物やめてほしい気持ちあった」

記事詳細

フライデー告発のA氏が「とくダネ!」で激白「わなにかけるつもりなかった。薬物やめてほしい気持ちあった」

成宮寛貴さん電撃引退更新

 写真週刊誌「フライデー」にコカイン吸引疑惑を報じられた後、芸能界引退を発表した俳優の成宮寛貴さん(34)について、週刊誌への写真提供などをした友人とされる「A氏」が、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」の独占インタビューに応じた。21日の放送で、A氏は「薬物をやめてほしいという気持ちがあった」と、写真提供した動機を説明した上で、自身は薬物を仲介しただけと強調。「(警察へは)彼が一緒に行くなら僕は構わない」などと語った。

<< 下に続く >>

 番組の中で、A氏は4年前にクラブのVIPルームで成宮さんと出会い、数カ月前から頻繁に遊ぶようになったと自己紹介。コカイン疑惑を最初に報じた今月2日発売のフライデーを前に置いて、Tシャツ姿の成宮さんをとらえた撮影現場は「自宅のリビングでテレビをよく見るところ」と説明し、同じ写真を示した。

 白いビニール袋とそこに突っ込まれたスプーンの写真もフライデー掲載のものと同一だった。いずれも動画から静止画に切り出したものだという。

 動機についてA氏は「成宮さんをわなにかけるつもりはなかったが、薬物をやめてほしいという気持ちがあった」と語り、情報提供の見返りに100万円を要求したとの週刊誌報道には「お金目当てではない。ウソですね」と否定。そのうえで「彼はつかまっていないが自分はたたかれている」「薬物を届けてと売人に伝えたが仲介しただけで手にしたことはない。検査をやるなら2人一緒にやっても全然いいですよ」とA氏自身は直接薬物を扱ってない立場を強調した。

 警察への情報提供の有無については「彼が一緒に行くなら僕は全然構わない」と協力的な姿勢も見せた。

 番組ではこのほか、短文投稿サイト「ツイッター」に今月14日に開設された「成宮寛貴の友人A氏」とのアカウントはA氏のものと紹介。「真実を知りたい方々へ嘘偽りなくお答えします」とし、直接いくつかの質問に応じているという。フォロワー(閲覧者)はすでに2万9400以上となっている。

 成宮さんは最初のフライデーの疑惑報道を全面否定。尿検査でも陰性だったと主張した。

プッシュ通知