産経ニュース for mobile

【熊本地震】「助けて」「テレビ映像信じられない」…SNS上で支援物資不足訴える投稿続々

記事詳細

「助けて」「テレビ映像信じられない」…SNS上で支援物資不足訴える投稿続々

熊本地震更新

 熊本地震で、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上では支援物資の不足を訴える投稿が相次いだ。

<< 下に続く >>

 フェイスブック上に開設された「物資不足地域・情報」のページでは、女性が「熊本市南区の老人ホームや公民館に子供やお年寄りがたくさんいるが何も足りない。助けて」と投稿。別の女性も「熊本市東区の避難所で衛生状態が悪くなってきている。除菌シートや体を拭けるシート、飲料水、衛生用品、食料などがない」と訴えた。

 支援物資の配布方法の不備を指摘する声も。単文投稿サイト「ツイッター」上には「支援物資が届いて安心したら、最初に並んでいた人たちに十分与えられ、後ろの人たちは一人一個ももらえなかった」「熊本市中央区の小さい避難所は何もない。炊き出しやお風呂が提供されたテレビ映像が流れたが、信じられない。物資を回してください」などとする投稿が相次いだ。

菅官房長官「オスプレイも調整に入る」 米軍支援にオスプレイ投入を示唆

山肌崩落、谷底に消えた橋 ヘリから見た被災地 グラウンドに「SOS」