産経ニュース for mobile

東海道・山陽新幹線で客室常時録画開始 セキュリティー強化や犯罪抑止で

記事詳細

東海道・山陽新幹線で客室常時録画開始 セキュリティー強化や犯罪抑止で

更新

 新幹線のセキュリティー強化や犯罪抑止を目的に、JR東海は23日、全国の新幹線で初めて客室内を防犯カメラで常時録画する列車の運行を始めた。当初は東海道・山陽新幹線を走る1編成のみだが、平成29年度末には同社が所有する車両の9割で客室内を録画するようになる。乗客のプライバシー保護が課題だが、同社は「録画した映像は、使用目的や扱う社員を限定し、厳重に管理する」としている。昨年6月の東海道新幹線放火事件などを受けた安全対策の一つ。

<< 下に続く >>

 5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)や東京五輪・パラリンピックも控えており、JR東海新幹線鉄道事業本部の中村明彦管理部長は「引き続き警察などと協力し、安心して利用してもらえるよう対応を取っていく」と述べた。

 JR東海によると、23日に運行を始めたのは新造車両で、客室内の前後のドア上付近に設置したカメラから常時録画。カメラ脇には「防犯カメラ作動中」と記したステッカーを貼った。