産経ニュース

【東京五輪】「東京都だけでは現状を収束できずと判断?」 解決に乗り出したバッハIOC会長 着地点見えず危機感

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
「東京都だけでは現状を収束できずと判断?」 解決に乗り出したバッハIOC会長 着地点見えず危機感

 報道陣が集まる中、羽田空港に到着したIOCのバッハ会長=18日午前  報道陣が集まる中、羽田空港に到着したIOCのバッハ会長=18日午前

 着地点が見えない東京五輪の会場見直し問題で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が東京都、政府、大会組織委員会、IOCの4者による作業部会の設置を提案し、解決に乗り出した。政府関係者は、IOCには「五輪でもめているという情報を食い止めたい」との狙いもあると分析した。

 ボートとカヌー・スプリントの会場を巡っては宮城県の「長沼ボート場」への変更を検討する東京都の小池百合子知事、歓迎する同県の村井嘉浩知事と、組織委が激しく対立し、混迷する中で韓国での開催案まで浮上した。小池氏は月内に都としての結論を出す意向を示したが、大会関係者は「IOCは、東京だけでは現状を収束できないと判断したのだろう」とみる。

 バッハ氏は「五輪成功の秘訣は、緊密な連携だ」と繰り返し、IOCが開催都市に手を差し伸べる姿勢を強調した。

関連ニュース

【東京五輪】小池百合子知事がリオの金メダリストに東京都栄誉賞 体操・白井健三選手「アスリートの頑張りが東京につながる」

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!