産経ニュース

【リオパラ異聞】ライブ放送が激減したパラリンピック NHKは最終種目の車いすマラソンをなぜ放送しなかったのか?

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【リオパラ異聞】
ライブ放送が激減したパラリンピック NHKは最終種目の車いすマラソンをなぜ放送しなかったのか?

レース最終盤までデッドヒートが展開された女子の車いすマラソン。4位の土田和歌子は優勝タイムとわずか1秒差、劇的な幕切れだった(ロイター) レース最終盤までデッドヒートが展開された女子の車いすマラソン。4位の土田和歌子は優勝タイムとわずか1秒差、劇的な幕切れだった(ロイター)

 9月18日(日本時間19日)に閉幕したリオ・パラリンピックで日本選手の金メダルはゼロに終わった。1964年の東京大会以降、金メダルなしは初の事態だが、総メダル数は24個に及んだ。メダルの色はさておき、それぞれに劇的なドラマがあった。パラリンピックは五輪以上に人間の多様性を知る機会となり、そこにたどり着くまでのプロセスに「感動」がある。ところが、NHKは12日間の熱戦をダイジェスト版のような形で放送するなど、1カ月前のリオ五輪時とは“雲泥の差”の報道姿勢だった。何より悔やまれるのは、大会最終日、金メダルの期待がかかった男女マラソン(視覚障害)と車いすマラソンのライブ中継がなかったことだ。

感動と共感を呼ぶコンテンツ

 パラリンピックの競技は五輪種目に比べてなじみが薄い。そのため映像を駆使した丁寧な説明が求められる。今大会、NHKはボッチャをはじめ、健常者がふだん触れることの少ないマイナー競技にも時間を割いた。障害者スポーツに対する理解を深めることに公共放送がひと役買ったことは評価できる。

 しかし、深夜から未明にかけての競技には冷淡そのものだった。大会最終日(日本時間18日午後9時号砲)の男女マラソンにメダル獲得が有力視されたアスリートが次々と登場した。悲願の金メダルにあと一歩届かなかったが、視覚障害のマラソンで男女1つずつのメダルが生まれた(女子の道下美里が銀、男子の岡村正広が銅)

続きを読む

このニュースの写真

  • ライブ放送が激減したパラリンピック NHKは最終種目の車いすマラソンをなぜ放送しなかったのか?
  • ライブ放送が激減したパラリンピック NHKは最終種目の車いすマラソンをなぜ放送しなかったのか?
  • ライブ放送が激減したパラリンピック NHKは最終種目の車いすマラソンをなぜ放送しなかったのか?
  • ライブ放送が激減したパラリンピック NHKは最終種目の車いすマラソンをなぜ放送しなかったのか?

関連ニュース

【パラリンピック】感覚なき恐怖…義足を信じて走るアスリートを撮る 30年以上にわたり障害者スポーツを追う写真家がリオへ 

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!