産経ニュース

【パラリンピック】チケット売れず、会場変更まで 資金繰りのめど立たず「史上初めて」の危機

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【パラリンピック】
チケット売れず、会場変更まで 資金繰りのめど立たず「史上初めて」の危機

 【リオデジャネイロ=佐々木正明】9月7日からブラジルのリオデジャネイロで始まるパラリンピックのチケットの売り上げが目標の12%にとどまり、大会組織委員会が深刻な資金難に陥っていることが分かった。組織委はスポンサー探しに奔走しているが、資金繰りのめどは立っておらず、運営コストを削減するため、一部競技の会場を急遽(きゅうきょ)変更するなどの対応に追われている。参加各国への支援金の拠出も遅れ、複数の国が参加できない恐れもでてきた。

 国際パラリンピック委員会(IPC)のフィリップ・クレーブン会長は「56年のパラリンピックの歴史上、このような事態に直面するのは初めてだ」と話し、危機感をあらわにした。

 リオデジャネイロ市は、運営費を補填(ほてん)するため1.5億レアル(約47億円)を拠出すると表明。ブラジル政府も財政支援する方向で調整が進んでいるが、大会の予算不足は穴埋めできない状況だという。

 大会組織委員会は各国選手団に対し、リオまでの渡航費用などとして助成金を支払う義務があるが、現在まで支払いは滞っており、約10カ国が参加できない可能性があるという。

続きを読む

このニュースの写真

  • チケット売れず、会場変更まで 資金繰りのめど立たず「史上初めて」の危機

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!