産経ニュース

【五輪射撃】国の窮状はね返し ベトナム初の金メダル エアピストルがなくAK47で練習 こっそり軍から弾借りて 首相「支援する」

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【五輪射撃】
国の窮状はね返し ベトナム初の金メダル エアピストルがなくAK47で練習 こっそり軍から弾借りて 首相「支援する」

男子10メートルエアピストルの表彰式で金メダルを掲げるホアン・シャン・ビン選手=6日、リオデジャネイロのオリンピック射撃センター(ロイター) 男子10メートルエアピストルの表彰式で金メダルを掲げるホアン・シャン・ビン選手=6日、リオデジャネイロのオリンピック射撃センター(ロイター)

 リオデジャネイロ五輪射撃男子10メートルエアピストルで、ベトナムに史上初の五輪金メダルをもたらしたベトナム人民軍の陸軍大佐、ホアン・シャン・ビン(41)の、やむにやまれぬ仰天練習法が18日までに、明らかになった。

 リオ五輪第3日の7日に行われた10メートルエアピストルで、ホアン・シャン・ビンは最後まで冷静な射撃を続け、地元ブラジル選手らを退けて栄冠を手にした。50メートルでも銀メダルを獲得。今週、凱旋帰国した金メダリストはベトナム国民に熱狂的に迎えられた。

 「忘れられない一生の思い出」と語った偉業は、競技スポーツに対する国家の支援が乏しいベトナムの現状を跳ね返して掴んだものだった。

 中国メディアが仏メディアの報道を引用して伝えたところでは、ホアン・シャン・ビンが20代で競技を始めた頃は、競技用エアピストルで練習できず、自動小銃「AK47」(通称カラシニコフ)で練習していたのだという。

 しかも、常に弾不足に悩まされていた。ホアン・シャン・ビンは“職業”を利用し、軍から弾を借りていたという。今回の金メダルはもともと、実弾射撃で培った技術が素地になっていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 国の窮状はね返し ベトナム初の金メダル エアピストルがなくAK47で練習 こっそり軍から弾借りて 首相「支援する」
  • 国の窮状はね返し ベトナム初の金メダル エアピストルがなくAK47で練習 こっそり軍から弾借りて 首相「支援する」
  • 国の窮状はね返し ベトナム初の金メダル エアピストルがなくAK47で練習 こっそり軍から弾借りて 首相「支援する」
  • 国の窮状はね返し ベトナム初の金メダル エアピストルがなくAK47で練習 こっそり軍から弾借りて 首相「支援する」
  • 国の窮状はね返し ベトナム初の金メダル エアピストルがなくAK47で練習 こっそり軍から弾借りて 首相「支援する」

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!