産経ニュース

地方 地方

記事詳細

更新


高崎の焼き肉店で食中毒

 高崎市保健所は13日、市内で腸管出血性大腸菌O157による食中毒が発生したと発表した。

 保健所によると、同市問屋町の飲食店「焼肉レストラン じんだい」で8月25~27日に焼き肉などを食べた3グループ計4人が28日、腹痛などの症状を訴え、便からO157が検出された。

 4人のうち1人は入院したが、現在は全員快方に向かっている。

 保健所は店を今月13日から3日間の営業停止処分とした。