産経ニュース

世界遺産目指す奄美・沖縄、2020年登録へ関係機関結束 鹿児島で有識者会合

地方 地方

記事詳細

更新


世界遺産目指す奄美・沖縄、2020年登録へ関係機関結束 鹿児島で有識者会合

世界自然遺産登録に向けて開かれた有識者委員会の初会合 世界自然遺産登録に向けて開かれた有識者委員会の初会合

 「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の世界自然遺産登録に向けて、環境省などは12日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)諮問機関の登録延期勧告などを検討する有識者委員会の初会合を、鹿児島市で開いた。政府が来年2月1日までにユネスコへ改めて推薦する前提で、2020(平成32)年の登録実現へ関係機関が結束することを確認した。

 会合には、自然保護や生物学の専門家や、鹿児島、沖縄両県の担当職員らが参加した。生態系を保全するための外来種駆除態勢づくりなどを、再推薦までに間に合わせることを申し合わせた。

 環境省は、奄美・沖縄4島の生物多様性を再推薦時に強調することを提案。有識者からは慎重な対応を求める声が上がった。

 終了後、琉球大の土屋誠名誉教授(生態系機能学)は「諮問機関は奄美・沖縄の自然の重要性を認識している。より良く理解してもらえるよう、(再推薦書の)表現を工夫したい」と語った。

 4島の登録延期を求める勧告を受け、政府は今年の遺産登録を断念した。20年にユネスコの審査を受けられるのは自然、文化合わせて1件のみ。同年の登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)との調整が課題となっている。