産経ニュース

音楽×芸術「風感じて」 三田で30日イベント 造形作家・新宮さん作詞曲など披露

地方 地方

記事詳細

更新


音楽×芸術「風感じて」 三田で30日イベント 造形作家・新宮さん作詞曲など披露

風の音楽会をPRする新宮晋さん(右端)とTeNさん(左端)ら=三田市藍本 風の音楽会をPRする新宮晋さん(右端)とTeNさん(左端)ら=三田市藍本

 風や水で動く彫刻の制作で知られる三田市在住の造形作家、新宮晋さん(81)が今月30日、新宮さんの作品群を常設する県立有馬富士公園「風のミュージアム」(同市尼寺)で、音楽と芸術が融合したイベント「風の音楽会」を開く。新宮さんの作品に囲まれながらテレビCMなどで活躍する川西市在住のシンガーソングライター、TeNさんが、新宮さん作詞の「空に落描き」など約10曲を披露する。(中川三緒)

 同ミュージアムでのイベントは8回目で、今回は「森の妖精たちが開く不思議な音楽会」がコンセプト。ミュージアム内の池に7・2メートル四方のステージを設置し、飛び出す絵本のような舞台装置で場面を演出しながら物語仕立てで進行する。

 TeNさんは、歌声に魅了された新宮さんからの打診でイベントに参加。新宮さんが作詞、TeNさんが作曲した「空に落描き」や、CDに収録されていないオリジナル曲などを歌う。地元の園児や高校生も出演するほか、三田市立狭間小4年の歳内王太さん(9)による新宮さんが書いた詩の朗読もある。

 TeNさんは「新宮さんのアートの世界にどっぷりとつかり、エネルギーをもらいながらいいパフォーマンスがしたい」と話し、新宮さんは「自然と一体化した音楽会。見えない風を感じてほしい」と呼びかけている。

 午後4時半開演。雨天中止。前売りは一般2千円、高校・大学生千円。中学生以下無料。当日はJR三田駅から無料送迎バスもある。

 問い合わせは風ミュ実行委員会(電)079・568・3764。