産経ニュース

【かながわ美の手帖】箱根ガラスの森美術館 「~奇跡のガラスを生んだ~華麗なるバロヴィエール一族展」

地方 地方

記事詳細

更新

【かながわ美の手帖】
箱根ガラスの森美術館 「~奇跡のガラスを生んだ~華麗なるバロヴィエール一族展」

「風にそよぐグラス」(1895年、ジュゼッペ・バロヴィエール作、幅17・5×高さ23・6センチ)=箱根ガラスの森美術館蔵 「風にそよぐグラス」(1895年、ジュゼッペ・バロヴィエール作、幅17・5×高さ23・6センチ)=箱根ガラスの森美術館蔵

 ■代々受け継ぐ情熱 培われた加工技術

 ベネチアングラス工房の名跡(みょうせき)、バロヴィエール一族の代々の作品を集めた特別企画展「~奇跡のガラスを生んだ~華麗なるバロヴィエール一族展」が箱根ガラスの森美術館で開かれている。収蔵作品に、イタリアなどからの借り入れ作品を加えた約80点を紹介。数百年にわたってガラスの可能性への挑戦を続ける一族の情熱に触れながら、器が作り出す優美な世界を堪能できる。

 ◆性質知り尽くす

 19世紀末、ジュゼッペ・バロヴィエールが制作した「風にそよぐグラス」のシリーズに、多くの来館者が目を奪われている。直径が小玉スイカほどもある大きな半円状のカップが、針金のように細く加工された脚の上に乗っているのだ。脚がコの字型に折り曲げられた作品や、接地面から斜めに伸びた脚がカップを支える作品もある。脚の直径は、一番細いもので約1ミリ。作品保護のため、展示には支柱が施してあるが、支柱を外しても姿勢を保ったまま自立するという。

 驚くのはそれだけではない。これらのグラスは名前の通り、風にそよぐ。傍らのモニターでは、横から風を当てたグラスが、ゆらゆらと左右に大きく振れる様子が映し出されている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 箱根ガラスの森美術館 「~奇跡のガラスを生んだ~華麗なるバロヴィエール一族展」
  • 箱根ガラスの森美術館 「~奇跡のガラスを生んだ~華麗なるバロヴィエール一族展」
  • 箱根ガラスの森美術館 「~奇跡のガラスを生んだ~華麗なるバロヴィエール一族展」
  • 箱根ガラスの森美術館 「~奇跡のガラスを生んだ~華麗なるバロヴィエール一族展」
  • 箱根ガラスの森美術館 「~奇跡のガラスを生んだ~華麗なるバロヴィエール一族展」
  • 箱根ガラスの森美術館 「~奇跡のガラスを生んだ~華麗なるバロヴィエール一族展」