産経ニュース

仙台市の人口自然減に 戦後の混乱期除いて初

地方 地方

記事詳細

更新


仙台市の人口自然減に 戦後の混乱期除いて初

 仙台市の平成29年の人口で、死亡数が出生数を上回り「自然減」となったことが、市の人口動態統計で分かった。同市で自然減となったのは昭和以降、戦後の混乱期を除いて初めて。進学や転居などで転入が転出を上回る「社会増」で同市人口は現状で増加を続けているが、自然減の傾向は当面続く見込み。東日本大震災後の転入が落ち着き、好景気で大学生などが卒業後、東京圏で就職することも増えており、市では人口減の防止に向け対策に力を入れる。

 住民基本台帳を基にした市の統計によると、平成29年末の市の登録人口(日本人住民と外国人住民の合計)は106万545人。前年に比べ2028人増加していた。29年の出生数は前年比283人減の8729人、死亡数は197人増の8825人。29年1年間でみると、96人の自然減、2124人の社会増だった。

 市政策企画課によると、同課がまとめた昭和元年以降のデータで、市の人口が自然減になっていたのは昭和20、21年の2カ年のみ。「第1次ベビーブーム(昭和22~24年)世代が70歳にさしかかり、当面は自然減のトレンドが続くだろう」と同課。ただ「29年は自然減の幅はまだ2桁程度。今年はプラスになる可能性もある。この年が自然減スタート年となったかどうかはまだ分からない」ともいう。

 市では「仙台市まち・ひと・しごと創生総合戦略」で平成32年ごろから人口は減少局面に入ると予想。中小企業の活性化▽市内で学んだ若者が住み続け、東京圏からも移住する▽子育てしやすい環境-など5つの基本目標を立てている。