産経ニュース

目指せ!大山マスター 10月14日、初のご当地検定 鳥取

地方 地方

記事詳細

更新


目指せ!大山マスター 10月14日、初のご当地検定 鳥取

 中国地方の最高峰・大山(1729メートル)を抱える鳥取県大山町で10月14日、初めてとなる大山検定が実施される。成績優秀者には「大山マスター」の認定証が贈られる。

 検定は、今年の「大山開山1300年」を契機に同町教委が創設し、今後も年1回実施する。自然や歴史、文化など大山に関するさまざまなジャンルについて、基本的な事項から専門的な知識までを尋ねる60問を出題。50問以上の正解者には認定証を贈り、“マスター”としてたたえる。町内外を問わず、小学生以上なら誰でも挑戦OK。検定は、午後1時半~同3時、同町の名和、中山、大山各公民館を会場に行われる。

 受検申し込みは、所定の用紙に住所、氏名、検定会場などを明記する。今月14日までに町教委社会教育課文化財室にファクス((電)0859・54・5217)などで行う。問い合わせは同室((電)0859・54・5212)。