産経ニュース

ふるさと納税でJETS応援! 12月に「カーネギー・ホール」公演 福井県、寄付募る

地方 地方

記事詳細

更新


ふるさと納税でJETS応援! 12月に「カーネギー・ホール」公演 福井県、寄付募る

 昨年映画化、今夏にテレビドラマ化され、人気を集める福井商業高校チアリーダー部「JETS(ジェッツ)」が今年12月26日、音楽の殿堂として世界的に知られる「カーネギー・ホール」(米国・ニューヨーク)で公演することになった。JETSを応援するため、県はふるさと納税による寄付の募集を始めた。高校が前もって使途を示してふるさと納税を募る「プロジェクト型ふるさと母校応援」寄付の仕組みを創設、今回は第1号になる。

 JETSはこれまで5連覇した全米チアダンス選手権(米国オーランド開催)への日本からの推薦枠がなくなり、今年は米国ラスベガスでの別の全米大会に出場し、バラエティー部門で見事に優勝を果たした。今回はコンテストではなく舞台パフォーマンスでチャレンジする。

 JETSの部員は「アメリカへとの夢を抱いて入部する生徒が多い」ことから顧問の五十嵐裕子教諭が今回も米国行きを模索。今春、カーネギー・ホールでの公演を思い立ち、関係者に問い合わせたところ、カーネギー・ホール側の許可がとれ、「日米親善特別パフォーマンス」公演に出演する4チームのうちの1チームとして実現した。

 ふるさと納税による寄付は福商からの依頼を受けて行う。県が平成27年度からふるさと納税で応援したい高校を指定して寄付を募る「ふるさと母校応援」(県立、私立高計33校)をもとに、今回の仕組みを創設。必要な経費の一部をふるさと納税で応援する。寄付者全員にJETSからサンクスレター(礼状)を送るほか、県外の人には寄付額に応じてステッカーやクリアファイルなどをプレゼントする。公演後、リポートを送る。JETSは「福井から世界へ!大きな夢を応援してください」と呼びかけている。県地域交流推進課担当者は「使途を明示した方が共感も得やすく、新たに納税しようと思う人が増えるのでは」と期待した。

 寄付の詳細は「ふるさと福井応援サイト」で。