産経ニュース

健大に農学部、来春開設 群馬県内四年制で初 「実習農場」も整備

地方 地方

記事詳細

更新


健大に農学部、来春開設 群馬県内四年制で初 「実習農場」も整備

 高崎健康福祉大学(高崎市中大類町)は3日、文部科学省に申請していた農学部の設置について、認可されたと発表した。来年4月に開設し、1学年の定員は100人となる。同大によると、県内の四年制大学で農学部が設置されるのは初めて。

 農学部の開設へ向け同大は、キャンパス内に農学部棟を建設している。来年以降は、隣接する農地に「実習農場」を整備する予定だ。専任の教員24人が学生を指導し、地域の研究拠点になることを目指している。

 農学部では、「食と農」に関する専門家の育成を目標に掲げ、生産から食品が食卓に届くまでのサイクルを学ぶことに重点を置く。学生は学部内の「生物生産学科」で学び、2年次後期からは、生命科学▽作物園芸システム▽フードサイエンス▽アグリビジネス-の4コースに分かれ、専門性を磨く。同大によると、他学部との連携も行うという。また、「生物介在活動論」(バイオセラピー)や農学インターンシップなど、特色ある科目を修得する機会もある。

 同大は、推薦入試を含め今月下旬から順次、募集を開始する予定。