産経ニュース

インバウンドサイクリングツアー、東北縦断に向け那須出発

地方 地方

記事詳細

更新


インバウンドサイクリングツアー、東北縦断に向け那須出発

記念撮影のためJR黒田原駅前に集まったツアーの参加者=那須町寺子丙 記念撮影のためJR黒田原駅前に集まったツアーの参加者=那須町寺子丙

 東北地方を縦断、約1000キロを走破するインバウンドサイクリングツアー「トランス東北バイクツアー(東北縦断自転車ツアー)」が始まり、参加者は1日、東北地方に向けて栃木県那須町を出発した。

 オーストラリアや米国、香港、台湾の国・地域から18人が参加。同日朝、町内のホテルを出発、JR黒田原駅前で記念撮影をした後、最初の宿泊地となる福島・会津東山温泉に向かった。

 サイクリングツアーのガイドや企画運営を手がけている「ライドエクスペリエンス」(同町)が、日本の有名な観光地だけではなく、地方も知ってもらい、外国人の誘客につなげようと企画。インターネットで参加者を募集した。東北を舞台にしたインバウンドサイクリングツアーは国内初という。

 参加者は14人が夫婦で50~60代が中心。世界各地のサイクリングツアーの経験者も多い。本州最北端の青森・大間崎まで10日間(走行8日間)で走破する予定で、途中、山形のソバ畑や山寺、秋田・田沢湖や角館の武家屋敷に立ち寄る。

 米国から夫婦で参加した60代の男性は「訪日は初めて。景色がきれいで道も整備されているので走りたいと思った。天ぷらやすしなど日本料理も魅力。楽しく冒険的な旅したい」と話した。(伊沢利幸)