産経ニュース

【被災地を歩く】岩手 「サイクルトレイン」で野田村へ のんびり旅と美味 癒える傷跡

地方 地方

記事詳細

更新

【被災地を歩く】
岩手 「サイクルトレイン」で野田村へ のんびり旅と美味 癒える傷跡

高さ12メートルから14メートルにかさ上げされた防波堤。海を感じることができなくなった=岩手県野田村の十府ヶ浦公園 高さ12メートルから14メートルにかさ上げされた防波堤。海を感じることができなくなった=岩手県野田村の十府ヶ浦公園

 ガソリンが手に入らなかった東日本大震災直後の取材の足は自転車だった。当時の勤務地の仙台市から約60キロある福島県境の山元町まで足を延ばしたこともある。体力的には厳しかったが、全身汗だくになりながら被災地を五感で体験できたことは、後の震災取材で大きな財産になった。

 ■のだ塩ソフト

 先月末、岩手県沿岸北部の被災地、野田村を当時のように自転車で回った。きっかけは第三セクターの三陸鉄道(本社・宮古市)が今年4月から始めた自転車ごと乗車できる「サイクルトレイン」を利用してみようと思い立ったから。被災地の復興状況を肌で感じてみたくなった。

 野田村を選んだのは道路の起伏が少ないと聞いたからだ。久慈駅で乗車し、「道の駅のだ」が併設された陸中野田駅で下車。全国的に珍しい取り合わせの施設だ。薪窯直煮(まきがまじきに)製法でつくる伝統ののだ塩と干し菊を隠し味にした名物の「のだ塩ソフト」(270円)を頬張った。

 後味すっきりで人気のソフトクリームは震災で“全国区”になった。復興支援で野田村を訪れた人々の口コミで広がり1日に2千個売った実績も。ただ、復興支援の訪問者が減り、最近は1日1200~1300個だったが、今年は猛暑も手伝って、1日1600個まで回復した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 岩手 「サイクルトレイン」で野田村へ のんびり旅と美味 癒える傷跡