産経ニュース

【ちば人物記】アトピー治療の記録や情報交換の無料アプリ開発 Ryotaro Akoさん

地方 地方

記事詳細

更新

【ちば人物記】
アトピー治療の記録や情報交換の無料アプリ開発 Ryotaro Akoさん

 ■患者や家族の精神的支えに

 NPO法人日本アトピー協会によると、国内に約600万人の患者がいるというアトピー性皮膚炎。幼児や若い世代に多いが、成人になってから発症や再発する人も多く、患者数は増加傾向にある。治療法や他のアレルギー疾患との関連などの研究は進んでいるが、患者自身が治療経過を記録したり、患者同士の情報交換などを支援したりするアプリがないと感じ、無料iPhone(アイフォーン)用アプリ「アトピヨ」を開発した。

 本業は公認会計士だ。再生可能エネルギー開発を行う企業で財務経理・内部監査などを担当。アプリを開発したことはなかったが、幼少期から自身もアトピーやぜんそく、アレルギー性鼻炎で苦労した経験があり、何か役に立ちたいという強い気持ちで開発を決断したという。

 「アトピーはひどくなると、見た目を気にして外出しなくなったりする。24時間かゆみが継続して寝られなかったりして、精神的にもつらい。通院治療以外の支援も必要と思っていた」

 昨年、第3子の誕生を機に、薬剤師の妻と相談し、自身が初めて育児休暇を取得し、まとまった時間ができた。大学などでプログラミングを学んだ経験もあったので、大手のオンラインのプログラミングスクール「テックアカデミー」で改めて学びながら、アプリ開発に取り組んだという。

続きを読む