産経ニュース

ヨコハマ・グランド・インターコンチネンタル・ホテル、プラスチック製ストロー全廃へ

地方 地方

記事詳細

更新


ヨコハマ・グランド・インターコンチネンタル・ホテル、プラスチック製ストロー全廃へ

 「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」(横浜市西区)は12月までに、全レストランなどで使い捨てのプラスチック製ストローの使用を全廃する。年間で使用する約15万本のプラスチック製ストローを、生分解性ストローに変更する。欧州連合(EU)が使い捨てのプラスチック製品の規制を打ち出すなど、プラスチックごみによる海洋汚染が問題となっており、環境配慮のために全廃を決めた。

 まず9月より、ラウンジ&バー「マリンブルー」で導入。これを皮切りに、各レストラン、宴会場などで段階的に導入する。年内に同ホテルが運営する全レストラン、ラウンジ、バー、宴会場でのプラスチック製ストローの使用を廃止する。新たに導入するストローは、トウモロコシなどのデンプンから得られる植物由来の新しい樹脂を原料とした環境に負荷をかけない生分解性のものとなる。

 プラスチック製ストローをめぐっては、米コーヒーチェーン大手のスターバックスコーヒーが2020(平成32)年までに世界で約2万8千店ある全店で廃止することを決めたほか、ファミリーレストラン最大手のすかいらーくホールディングスも同年までに、国内外3200店全てでプラスチック製ストローの利用をやめることを決めている。