産経ニュース

【しずおか“お酒”巡り】(7)君盃酒造 「愛される味」親子で追求

地方 地方

記事詳細

更新

【しずおか“お酒”巡り】
(7)君盃酒造 「愛される味」親子で追求

主力商品の「君盃 純米吟醸」 主力商品の「君盃 純米吟醸」

 旧東海道に面した静岡市駿河区手越の酒蔵「君盃酒造」。水質の良さに定評がある安倍川の伏流水を使用した日本酒「君盃(くんぱい)」を生み出している。杜氏(とうじ)である市川誠司社長(79)と息子の英俊さん(51)の二人三脚で造るこだわりの酒だ。

                   

 ◆生き残りかけ社長が杜氏に

 「正確には分からないが、江戸時代には蔵があったと聞いている」と英俊さん。しかも、「戦後、戦災に遭わなかったうちの蔵だけが残っていたようだ」と打ち明ける。こうした経緯を経て昭和25年、市内の酒造関連数社が出資して立ち上げた同社では、県外から招いた杜氏が中心となり酒造りを行ってきた。ただ、平成9年、生き残りをかけ、「杜氏が代われば酒の味が変わる」と言われるほど酒造りにとって重要な杜氏を社長自らが行い、新たな酒造りに挑戦し始めた。

 「地元や旧東海道を歩く人たちに喜んでもらいたい、愛される酒を造りたい」という思いを大切にしていると英俊さんは話す。

 現在は1回の仕込みで米の量の上限を700キロとしている。「2人で造るにはこれが限界」(英俊さん)と笑う。

続きを読む

このニュースの写真

  • (7)君盃酒造 「愛される味」親子で追求
  • (7)君盃酒造 「愛される味」親子で追求