産経ニュース

歩道橋やトンネルに名前を 兵庫県、管理施設50カ所でネーミングライツ募集

地方 地方

記事詳細

更新


歩道橋やトンネルに名前を 兵庫県、管理施設50カ所でネーミングライツ募集

企業がネーミングライツを取得した伊丹市内のトンネル 企業がネーミングライツを取得した伊丹市内のトンネル

 ■1施設あたり年間15万円から

 県は管理する歩道橋やトンネルなど約50カ所の愛称の命名権「ネーミングライツ」を募集している。企業や店舗、商品名などを入れることができ、1施設あたり年間15万円から。対象施設のすべてに応募が集まれば、700万円以上の財源確保につながる。

 県道路保全課によると、道路施設でのネーミングライツ募集は平成24年度から実施。伊丹市の県道13号の「伊丹産業(株)伊丹坂トンネル」や加古川市の国道2号の「ドコモショップ加古川店大川町歩道橋」など、歩道橋13カ所、トンネル2カ所に名前が付けられている。現在契約が結ばれている15カ所で、計約300万円が道路管理などの財源に充てられている。

 今年度募集しているのは歩道橋40カ所、トンネル8カ所、道路の上をまたぐように架ける跨(こ)道橋1カ所。加古川市の別府歩道橋や川西市の一庫トンネルなどで、契約期間は3~5年。

 また、県立施設でもネーミングライツを募集しており、美術館王子分館原田の森ギャラリー(年間1000万円)▽図書館(同500万円)▽フラワーセンター(同300万円)-などでスポンサーを募っている。