産経ニュース

高崎市「絶メシリスト」、日本最大級広告賞のファイナリストに

地方 地方

記事詳細

更新


高崎市「絶メシリスト」、日本最大級広告賞のファイナリストに

 高崎市が昨年9月から取り組んでいるローカルグルメサイト「絶メシリスト」が、日本最大級の広告賞「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」のファイナリストにノミネートされた。30日に東京都内で最終審査が行われる。

 全日本シーエム放送連盟がテレビ、ラジオCMの質の向上を目的に、昭和36年から開催してきた「ACC CM FESTIVAL」を前身とする賞で、グランプリ獲得は広告業界関係者の大きな目標になっているという。

 絶メシリストがノミネートされたのは、優れたマーケティング戦略や大きな市場成果などの総合キャンペーンを評価する「マーケティング・エフェクティブネス部門」。

 今回は企業や自治体などから89作品の応募があり、10作品がファイナリストに選出された。高崎市によると、自治体としてのノミネートは関東エリアでは初めてという。

 最終審査には市職員も出席。「地域で愛され続けてきた飲食店にスポットを当てたことが多くの人の共感を得た」などと強くアピールすることにしている。

 絶メシリストは現在、飲食店に加え、総菜店を含めて40店舗を掲載。関連書籍が出版されたほか、テレビ番組で取り上げられるなど注目度が高まっている。