産経ニュース

あんどん作りに挑戦 奈良県立民俗博物館でキッズ学芸員

地方 地方

記事詳細

更新


あんどん作りに挑戦 奈良県立民俗博物館でキッズ学芸員

 かつて庶民に親しまれていた道具について学ぶイベント「集まれ!キッズ学芸員」が26日、大和郡山市の県立民俗博物館で開かれた。参加した小学生ら14人は、江戸時代に使われていたあんどんの一種「有明行灯(ありあけあんどん)」の工作を体験した。

 有明行灯は外箱の側面に満月や三日月の形の穴があり、箱を回転させることで、中のろうそくの明るさを調節できるようになっている。江戸時代は枕元に置いて、寝室の照明として利用されていたという。

 子供たちは発泡スチロールとLEDライトを使ったミニチュアの有明行灯作りに挑戦。内箱に貼り付ける半透明の用紙に、花柄や水玉、花火などの模様を自由に描き、個性豊かな作品を作り上げていた。

 参加した斑鳩町の小学5年、小川紗希さん(11)は「きれいにできてよかった。部屋でたんすの上に飾ろうと思う」と笑顔。同館学芸員の茶谷まりえさん(29)は「これを機に、学芸員の仕事に興味を持つ子供が出てきてくれればうれしいです」と話していた。