産経ニュース

お盆の新幹線利用微増 JR東日本大宮支社

地方 地方

記事詳細

更新


お盆の新幹線利用微増 JR東日本大宮支社

 JR東日本大宮支社が発表したお盆期間(9~19日)の利用状況によると、東北新幹線(大宮~宇都宮)と上越新幹線(大宮~高崎)の2区間の利用者は前年同期比1%増の317万2千人だった。昨年は秋田新幹線が大雨の影響で運休本数が多かったが、今年は大きな輸送障害もなく、利用者が増加した。

 東北新幹線の利用者は前年同期とほぼ変わらない168万7千人。上越新幹線は軽井沢近郊のアウトレット利用者が増加したことなどから、前年同期比2%増の148万5千人だった。一方、JR・東武直通特急(大宮~栗橋)の利用者は台風による運休や避暑地の気温上昇もあって同比12%減の1万6640人だった。

 夏期間(7月20日~8月19日)の大宮支社管内の近距離切符の発売状況は同比3%減の1459万9千枚だった。浦和駅が同比1%減の88万4千枚、大宮駅が同比2%減の239万5千枚、さいたま新都心駅が同比10%減の71万枚だった。