産経ニュース

チャレンジ創造コンテスト奈良大会 「まほうのオーケストラ」優勝

地方 地方

記事詳細

更新


チャレンジ創造コンテスト奈良大会 「まほうのオーケストラ」優勝

 小中学生がチームになってからくり仕掛けの車「からくりパフォーマンスカー」を作り、できばえを競う「全国少年少女チャレンジ創造コンテスト」の奈良大会が18日、奈良市立大安寺西小学校で開かれた。優勝チームは、12月に行われる全国大会に進出する。

 モーター駆動の動力車1台とからくりが動く山車(だし)1台以上を組み合わせて作り、約10メートルのコースを実際に走らせ、走行の正確さやからくりの完成度などを競う。

 大会には小学3年~中学1年の5チーム計13人が参加。「生駒ケーブル」のイヌをデザインした車両を動力車にし、飛行塔(生駒山上遊園地)の山車を回転させる作品や、「奈良の世界遺産」をテーマに、東大寺の大仏が立ち上がって腕を動かす作品などが登場した。

 優勝したのは、奈良市立大安寺西小4年の谷田さくらさん(9)と益池さほさん(9)、市立椿井小3年の山地杏和(あんな)さん(8)の3人が作った「まほうのオーケストラ」。指揮棒を振る魔女や回転したり上下に動いたりするバレリーナの姿がかわいらしい作品だ。

 谷田さんは「連結させるのが難しくてたくさん練習しました。本番でうまくいってよかったです」と話していた。