産経ニュース

来年の盛岡市長選に福井・自民県連政調会長が出馬表明

地方 地方

記事詳細

更新


来年の盛岡市長選に福井・自民県連政調会長が出馬表明

 来年9月1日の任期満了に伴う盛岡市長選に、同市の会社役員で自民党県連政調会長の福井誠司県議(59)が18日、立候補すると表明した。政党に公認や推薦を求めるかは未定としている。次期市長選への出馬表明は会社役員の内舘茂氏(51)に次いで2人目。

 福井氏は会見で、人口減少を前提にした政策の推進を主張。主なものとして、高校生までの医療費無償化▽担い手確保による地域経済の活性化▽若者・女性の活躍支援-などを挙げた。4期に及ぶ現職の谷藤裕明氏(68)の市政運営については「多選による弊害があるのではないか。停滞している」と批判した。

 福井氏は同市出身で、早稲田大卒。酒類販売会社を営みながら盛岡青年会議所理事長、盛岡市議などを経て平成23年の県議選で初当選し、現在2期目。