産経ニュース

【日本高校ダンス部選手権】スモールクラス 群馬県勢3校 会場沸かす

地方 地方

記事詳細

更新

【日本高校ダンス部選手権】
スモールクラス 群馬県勢3校 会場沸かす

 横浜市のパシフィコ横浜で16日に開催された「第11回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」全国大会のスモールクラス(2~12人)には県内から樹徳、県立の安中総合学園と伊勢崎清明の3校が出場した。惜しくも入賞を逃したが、力強いパフォーマンスに客席から大きな拍手が送られた。

 「1番線ドアが閉まります。ご注意ください」。樹徳は突然の電車アナウンスで会場にインパクトを与えた。3年の本多香月(かづき)部長(17)が「最初に心をどうつかむかが大事」と話すように狙い通りのスタートを切った。「列車の旅」をテーマに、乗客の高齢者や車掌の衣装に身を包んだ男女12人がキレのある踊りで観客を魅了。本多部長は「楽しんで自分たちのダンスができた。達成感でうれし泣きしてしまった」と振り返る。

 安中総合学園は、スプレーで壁に絵を描く若者を警官が取り締まるというストーリーを表現。クライマックスでは6人ずつに分かれた若者と警官が入り乱れて争う派手なパフォーマンスで客席を沸かせた。キャプテンの3年、高橋茉由(まゆ)さん(17)は「私たちのダンスを伝えたいという思いで臨んだ。全部やりきりました」と達成感にあふれていた。

                   ◇

主催 産経新聞社、ストリートダンス協会

共催 関西テレビ放送

後援 スポーツ庁、全国高等学校体育連盟ほか

特別協賛 エースコック

協賛 大塚ホールディングス、ジョンソン・エンド・ジョンソンほか

運営統括 ブルースプラッシュ