産経ニュース

医療大使2人に委嘱 人脈駆使し不足解消期待 茨城

地方 地方

記事詳細

更新


医療大使2人に委嘱 人脈駆使し不足解消期待 茨城

 県は、県内で深刻化している医師不足の解消などに向けて、国内外の医療界に豊富な人脈を持つ医師2人に「いばらき医療大使」を委嘱した。

 委嘱されたのはハンガリー医科大事務局理事の岩尾総一郎氏(70)と、水戸市在住で小豆畑(あずはた)病院(那珂市)の名誉院長を務める丹正(たんじょう)勝久氏(69)。

 岩尾氏はハンガリー医科大と県内病院の関係構築に期待がかかり、丹正氏は日大医学部付属板橋病院長などを歴任しており、医療界の豊富な人脈が重要視された。

 同大使は今年度から創設され、今回が初の委嘱。大井川和彦知事は両氏に「われわれだけでは気付けない視点があると思うので、ぜひ力を貸していただきたい」と語った。