産経ニュース

雲南「陽だまりの丘」にひまわり迷路オープン

地方 地方

記事詳細

更新


雲南「陽だまりの丘」にひまわり迷路オープン

 島根県雲南市大東町の観光施設「心の駅・陽だまりの丘」で、ヒマワリ1万本を植えて作られた迷路が10日、オープンした。今は一分咲き程度だが、やがて華やかな迷路になりそう。9月中旬頃までの見込み。

 巨大迷路「ドラゴンメイズ」で知られる同施設が、夏休み中の子供たちに楽しんでもらおうと「ひまわり迷路」を新設。約600平方メートルの敷地に「キッズスマイルプラス」という品種のヒマワリ1万本を植え、迷路内でヒマワリのスタンプを見つけて戻ってくるコース設定にした。東京都練馬区から盆休みで松江市に帰省し、家族で迷路に挑んだ塚井志恵奈ちゃん(9)と里桜奈ちゃん(7)の姉妹は「むずかしかったけど、ヒマワリがきれい」と話していた。

 「来年以降も続けて、夏限定の恒例イベントにしたい」と施設を運営する田中隆理事長(75)。挑戦料は300円。収益の一部を西日本豪雨の被災地に義援金として贈る。問い合わせは同施設(電)0854・43・8181。