産経ニュース

チキンラーメン発明60年 子供たち創作料理で腕競う 池田で25日に「グランプリ」

地方 地方

記事詳細

更新


チキンラーメン発明60年 子供たち創作料理で腕競う 池田で25日に「グランプリ」

 日清食品の創業者、安藤百福(ももふく)(1910~2007年)が池田市で「チキンラーメン」を発明して60年を迎えることを記念し、小中学生らが考案したチキンラーメンを使った創作料理を販売してグランプリを決めるイベントが25日、市内で開かれる。主催の池田青年会議所の担当者は「試食したところ、レベルが高いメニューに仕上がった」と期待している。

 イベントは「こども池-1グランプリ」と銘打ち、同青年会議所が企画。公募で市内在住・在学の小中学生約100人を集め、7月16日に子供たちにチキンラーメンを使った料理のアイデアを提案してもらった。その後、飲食店関係者が子供の案をもとにメニューを決定。今月5日には、子供たちが実際に調理して、料理名を決めた。

 提供されるメニューは、いずれもチキンラーメンを使ったベビーカステラやコロッケ、たこせん、スープ餃子(ぎょうざ)、お好み焼き、グラタン、パンなど10種類。小中学生による10チームが屋台を出し1品100円で提供する。

 当日は、チキンラーメン発明60周年を記念した「チキチキフェスティバル」が池田市菅原町の池田駅前公園で開かれ、その目玉コーナーとして午後2時から開始予定。投票券つきのチケット(1枚100円)を購入し、投票所となるブースでおいしいと思うメニューを選んで投票。また倉田薫市長らによる公開審査もあり、投票と審査を合わせてグランプリと2、3位を決め、表彰する。